Depressed girl

短時間でも効果あり

Medicines

参考・出典:不眠症のお悩みはこころナビで解決

現代にはさまざまな睡眠薬があります。その中に「アモバン」という睡眠薬があります。アモバンは1989年に販売された非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に属します。
睡眠薬は作用時間によって大きく4つに分けられます。「超短時間型」「短時間型」「中時間型」「長時間型」と分けられ、アモバンは超短時間型の睡眠薬に分類されます。
服用した1時間後には血中濃度が最高値になって、半減期はおよそ4時間ほどになります。半減期というものはおおよその薬の作用時間を表しています。
アモバンはじめ超短時間型の睡眠薬は、即効性があり、体内に長時間とどまらないことが特徴です。
そもそも不眠というものには2つのタイプがあります。1つは「寝付けないこと」でこれを入眠障害といいます。もう一つは「すぐに起きてしまうこと」で、これを中途覚醒といいます。
一般的に入眠障害には超短時間型・短時間型、中途覚醒は中時間・長時間の睡眠薬が適しているといわれています。そのため、アモバンは入眠障害の人に最適な睡眠薬となります。
4時間ほどで効果が切れてしまうため、中途覚醒の人にはあまり適していません。眠ってしまえば朝まで眠れるけれど、眠るまでに時間がかかってしまって睡眠不足だという人は、まずアモバンを試してみてはいかがでしょうか。
アモバンは数ある睡眠薬の中でも、安全性が高く、副作用が少ないことも定評です。苦みが残るという特徴がありますが、我慢できないようであれば医師に相談しましょう。
睡眠障害を治療せずにそのままにしておきますと自律神経がやられてしまいうつ病などの様々な精神病を招いてしまう場合もありますので無理をせずに医師へ相談することが大切です。

アモバンの効果・副作用の詳細を確認する